FsCheck


FsCheck

FsCheck と xUnit.NET プラグインは NuGet からインストール 出来ます:
PM> Install-Package FsCheck
PM> Install-Package FsCheck.Nunit
PM> Install-Package FsCheck.Xunit

ドキュメント

  • クイックスタートから始めましょう。

  • 性質はテストを表現する FsCheck の言語を説明します — 別のフレームワークでは、パラメタライズドテストや生成的テストと呼ばれることもあります。 FsCheck はこれらを性質と呼びます。

  • テストデータの生成は FsCheck により良いデータを生成させたり、 テストしようとしている対象に対して意味のないデータの生成をやめさせたりする方法を説明します。 FsCheck はテスト値の生成器(ジェネレーター)や収縮器(シュリンカー)を表現し、 それらをあなたの書いた性質に適用するための柔軟な言語を備えています。

  • モデルベースのテストは FsCheck がオブジェクトやデータに対する 大量のランダムな操作を生成し、各操作の結果は(ずっと単純な)モデルを用いて比較されるという、 特徴的なテストのアプローチです。

  • テストの実行は FsCheck を実行するための様々な方法や ユニットテストフレームワークとの統合のしかたを説明します。

  • 使いかたのヒント

  • API リファレンスは全ての型、モジュール、関数に対する自動生成されたドキュメントを含みます。

貢献と著作権

本プロジェクトはissue の報告、プロジェクトのフォーク、そしてプルリクエストの送信を行うことが 出来る GitHub にホストされています。もし新しいパプリックな API を追加しようとしているなら、 ドキュメントになるサンプルを追加することも考慮に入れておいてください。

本ライブラリは BSD ライセンスの下で利用可能であり、変更および営利・非営利目的両方の再頒布が許可されます。 詳細については、GitHub のリポジトリにあるライセンスファイルを確認して下さい。

Fork me on GitHub